2015/01/30

1月30日の入荷


今日も古書が入荷しました。
PEOPLEはもとい、ボクらが入居している星谷ビルの守護天使ともいえる北沢夏音さんが手がけた『叱り叱られ』もあります。
来月の「仕立て屋のサーカス」での出店に向けて準備もしていますので、店か公演会場に遊びにきてくれたら嬉しいです
一足先に聴いている、思い出野郎Aチームのアルバムが素晴らしい出来映え。ご期待ください。

2015/01/29

紙袋ができました!


PEOPLE BOOKSTOREの紙袋ができました。白と茶色の二色、良い感じです。
つくってくれたのはコバちゃんこと小林佑生くん。隣の「千年一日珈琲焙煎所」や「黄昏バー」のデザインも手掛けてくれています。
コバちゃんのホームページもありますので、気になる方は覗いてみてください。
http://yuki-kobayashi.net/

500円以上のお買い上げで袋をつけます! と言うか、使います!

2015/01/28

「音の大陸」 ASA-CHANG × 曽我大穂 -ご予約受付中!


和田彩ちゃんがつくってくれました。

***

「音の大陸 -ASA-CHANG × 曽我大穂-」

・日付:3月1日(日)
・会場:PEOPLE BOOKSTORE
・開場/ 開演… 18:00/ 19:00
・料金… 予約/当日 ¥2,500/¥ 2,800
・住所… 茨城県つくば市天久保3-21-3 星谷ビル1-E
・予約… mojomojo.people@gmail.com(担当:植田)
・WEB… http://people-maga-zine.blogspot.jp

E-mailでのご予約 :
件名を「 3/1 音の大陸」として、必要事項を明記の上、お申し込みください。
1.お名前(代表者のフルネームをカタカナ表記にて)
2.ご予約人数
3.お電話番号
• ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。
• メール受信設定などでドメイン指定をされている方は、ご確認をお願い致します。
• お席に限りがございますので、お早めのご予約をおすすめいたします。

2015/01/27

1月27日の入荷



PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。
不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。
メールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2015/01/23

Today's YouTube #124



“だいたいその時代の共同幻想から離れたやつが生き残るという変なセオリーがあるから。そういう意味では、僕らはあの頃いちばん離れてた。シュガーベイブは本当のサブカルチャーだったけど、コード進行はメジャーセブンスとかマイナーナインスを使ってたでしょ。そういうバンドは他にいなかった。”
-山下達郎 (『叱り叱られ』 山下達郎×山口隆より)

2015/01/21

『果てしのない本の話』


岡本仁さんの『果てしのない本の話』が入荷しました。
本から本、人から人、街から街へと繋がる旅の記録。読んでいると、眠っていた好奇心がうごきだすような気がします。
内容はもちろん、表紙写真やデザイン、値段設定からも気軽に持ち歩いてほしい! そんな声が聴こえてくる一冊。移動のおともにおすすめです。
販売価格は税込で1620円。是非、あちこちに連れ出してみてください。

以下、公式情報を転載します。

***

『果てしのない本の話』 岡本仁・著

 吉田健一、ホンマタカシ、庄司薫、谷川俊太郎、川勝正幸、ヴィム・ヴェンダース、デヴィッド・ホックニー、平野太呂......。

 本書は、2000年代、マガジンハウスの雑誌「relax」編集長として一世を風靡、その後も「ku:nel」「Casa BRUTUS」を舞台に活躍、また『今日の買い物。』『ぼくの鹿児島案内』等の著書ももつ編集者・岡本仁氏の読書エッセイ集です。
 片岡義男『ロンサム・カウボーイ』から始まり、画家・猪熊弦一郎の回想録や、二十世紀を代表するデザイナーであるイームズ、柳宗理らの作品集へ。本から本へと連想形式で自在につながっていく文章は、辣腕編集者ならではの編集感覚と遊び心にあふれた独自のスタイルで、これまでにない読み心地です。デザイン書、青春小説、写真集、食の本等々、次々に登場するあの本この本が新たな魅力をもって迫ってきます。

 本の内容紹介にとどまらず、その本と出会ったときの記憶が語られるのも、もうひとつの大きな魅力(ロサンゼルスのイームズ邸を訪ねた思い出と『イームズ・ デザイン』、「ユリイカ」の谷川俊太郎特集と「relax」サンフランシスコ特集で出会った日本人タクシー運転手、「同志」だった編集者・川勝正幸への思い)。冒頭に登場した『ロンサム・カウボーイ』が再度登場するラストまで、名ガイドによる見事な「本の旅」が展開されていきます。

 文中には「HUgE」連載時に掲載された人気イラストレーターのりたけのイラストも再録。また巻末には、2012年に250部限定で松浦弥太郎氏と共作した小冊子「8MILES OF BOOKS/古本八哩」を特別収録!新たなスタイルによる「本の本」の誕生です。
 http://www.webdoku.jp/kanko/page/4860112652.html

2015/01/20

Today's YouTube #122



『3つの音のドキュメンタリーフィルム』
2015.1/22(木)~ 24(土)
halo plus (代々木上原駅 徒歩3分) www.hakogallery.jp

向性の違う音の生まれる様を描いた3本のドキュメントフィルムを上映します。
音楽家の手から曲がうまれる瞬間に震え、77台のドラムの重なりがニューヨークの空に舞い上がり、音の魔術師が変幻自在に音を解き放つ三者三様の作品上映と監督のトークありの3日間。

《スケジュール》
1.22(木) 
20:00~20:54 『みじかい夜』 上映後トーク(ゲスト)中島ノブユキ × 甲斐田祐輔監督 

1.23(金) 
14:00~15:30 『77boadrum』 (上映のみ)
19:30~21:00 『77boadrum』 上映後トーク(ゲスト)川口潤監督

1.24(土) 
14:00~15:30 『アトムの足音が聞こえる』 (上映のみ)
19:30~21:00 『アトムの足音が聞こえる』 上映後トーク(ゲスト)冨永昌敬監督

料金 :
22日は1000円(ドリンク込)
23,24日昼の部1000円(ドリンク付)、夜の部は1500円(ドリンク付)

予約問い合わせ:hako@ai.wakwak.com

2015/01/19

さらに円盤がやってきた!


さらに円盤が届きました。どちらも10インチ、良いサイズです。
左から倉地久美夫『真夜中の新幹線』(2500円)、ECD+POPOの『ECDPOPO』(2000円)。
あらためて、自分はECDさんのラップが好きだなあとしみじみ感じ、倉地さんのギターの音は格好良いなあと思いました。

***




・ECD+POPO『ECDPOPO』
神戸の2トランペット+オルガンというシンプルな編成でレゲエmeets室内楽な音楽を奏でるPOPOのインストをトラックとしてECDがおだやかにラップする不思議に染みる作品。ECDの懐の深さを感じずにはいられません。親しみやすくありながら、言葉の意味を噛み締めるように感じさせてくれる、ささやかな私小説のような逸品。

・倉地久美夫『逆さまの新幹線』
円盤/10inch LP
'11年に公開されたドキュメント映画「庭にお願い」でも話題になった福岡の異才。'12年最新作はなんとアナログ・レコードのみでの発売(限定300枚)。すべて新録音による全6曲。宇波拓録音。装丁は創作折り紙や近年ではこけし関係のイベントなどで活躍中のcochae。初のギター・インストを中心にした作品です。倉地さんのギターにどっぷり浸ってください!


2015/01/17

円盤がやってきた!



円盤は、主に日本各地の自主制作の様々なもの、そしてそうした方々と一緒に作ったものを売っているお店です。
CDやレコード、カセットなどの音楽ものを中心に、本や布もの、そしてコーヒーとかゲームとかおもちゃとか(すべて自主制作)も売っています。

http://enbannews.blogspot.jp/

高円寺に居を構える「円盤」の制作物が入荷しています。
はっきり言って、どれも独特で魅力があります。人それぞれ好み、相性はあるでしょうが、面白がる精神も大事です。
と、言うと、なんだか説教くさいですね。CDはもちろんレコードも本もあります。どうぞお気軽にお楽しみください。
ピン! ときたら手にとってみて頂けると嬉しいです(試聴や立ち読みも大歓迎!)。

下の写真は円盤の月刊謎袋雑誌「三ツ沢通信」です。封を切ると、これだけ出てきます。

2015/01/16

1月16日の入荷



PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。
不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。
メールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2015/01/15

東へ北へ


今週末の日曜日、18日は千年一日珈琲焙煎所につどいましょう。
きっと、よい音を聴けると思います。オーツボさんも書いていますが、ボクは篠原篤一さんの歌がとても楽しみです。
おでん、コーヒー、あたたかな音楽がそろいます。どうぞご期待ください。

***



2015年1月18日(日)
 開場 18:00 / 開演 19:00
 出演 GOFISH / 篠原篤一 + 谷口圭祐
 入場料 1500円
 会場 千年一日珈琲焙煎所 (つくば市天久保3-21-3 星谷ビル1F/G)
 ご予約・お問い合わせ 1001coffee@gmail.com


GOFISH プロフィール
 Gofish=テライショウタの歌とギター。 1999年頃から宅録をはじめる、ライブ活動もスタート。 2枚のデモ音源を経て stiff slack より 1st「songs for a leap year」、compare notesより 2nd「あたまのうえ」、SweetDreams Pressより 3rd「とてもいいこと」をアルバムリリース。Sweet Dreams Pressより 7'EP「レコード / いと」「ねむりを待つあいだ / 山ごもり」をリリース。オムニバスも ao to ao のカシオトーンコンピなど数枚参加。 コントラバスの稲田誠、チェロの黒田誠二郎とのGofishトリオとしても活動中。4枚目のアルバムも制作中。 ハードコアパンクバンドNICE VIEWのギター / ボーカルとしても活動中。


2015/01/14

速報:「音の大陸」を開催します!


久しぶりに「音の大陸」を開催することになりました!
今回の組み合わせは「ASA-CAHNG × 曽我大穂」。きっと面白い時間になると思います。
日程は3月1日の日曜日、会場はPEOPLE BOOKSTOREです。以下に詳細を記しておきます。


「音の大陸 -ASA-CHANG × 曽我大穂-」

・日付:3月1日(日)
・会場:PEOPLE BOOKSTORE
・開場/ 開演… 18:00/ 19:00
・料金… 予約/当日 ¥2,500/¥ 2,800
・住所… 茨城県つくば市天久保3-21-3 星谷ビル1-E
・予約… mojomojo.people@gmail.com(担当:植田)
・WEB… http://people-maga-zine.blogspot.jp

E-mailでのご予約 :
件名を「 3/1 音の大陸」として、必要事項を明記の上、お申し込みください。
1.お名前(代表者のフルネームをカタカナ表記にて)
2.ご予約人数
3.お電話番号
• ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。
• メール受信設定などでドメイン指定をされている方は、ご確認をお願い致します。
• お席に限りがございますので、お早めのご予約をおすすめいたします。

***


ASA-CHANG | PROFILE
ヘア・メイキャップアーティストを目指して、上京。
渡辺サブロオ氏のアシスタントを経て、SASHU所属のヘア・メイクへ。
80年代中~後半にかけて、Olive、anan、キューティー等、ファッション誌や、小泉今日子、本木雅弘、山瀬まみ等の当時のカッティング・エッジなアイドル、タレントの仕事を数多く手掛けるも、89年に東京スカパラダイスオーケストラのパーカッション兼バンド・マスターとしてデビュー。その自ら創始した東京スカパラダイスオーケストラがブレイクを果たすが、93年に脱退、フリーランスに。スカパラ在籍時から、その特異なライブ・パフォーマンス、プレイは注目されていたが、独立後の数々のセッション・ワークにより、ドラマー、パーカッショニストとしてその存在を知られるようになる。
いわゆるラテン・パーカッション系だけでなくインド・アジア系から玩具類、ガラクタ、シンセ音などを散りばめ、楽曲にアプローチする彼独特のプレイスタイルを確立し、ドラマーとしても躍動感のある唯一無二のそのビートは、パワフルさと繊細さを兼ね備え、数多くのアーティストからの信望を集めている。ポップとアバンギャルドを軽々と行き来する様々な活動は、多くの注目を集めている一方、作曲・アレンジもこなすプロデューサーとしても活躍している。

「ASA-CHANG&巡礼」についてはコチラから
http://www.junray.com/

2015/01/13

1月13日の入荷


オリンピックなんて糞くらえだ、バカヤロ!!
何べんもいってるように、国家と関係なくみんなバラバラに集まってやれってんだ。
ついでだけどオレは〈日の丸〉にも関心はありません。
-殿山泰司 ( 月 日 『JAMJAM日記』より)

『漫画家残酷物語』/ 永島慎二 (小学館文庫・全巻揃い)
『JAMJAM日記』 / 殿山泰司 (ちくま文庫)
『山からの言葉』/ 辻まこと
『レコードコレクターズ』2015年1月号 
『Suburbia suite; Evergreen Review』

2015/01/11

Today's YouTube #120



思い出野郎Aチームの『WEEK END SOULBAND』をPEOPLE BOOKSTOREでも販売します。
発売日は2月4日。楽しみに待っていて下さい。『SOUL PICNIC MAGAZINE』も合わせてどうぞ。

2015/01/10

仕立て屋のサーカス -circo de sastre-


8日、14日の両日出店します!

2月14日のVACANT公演に出店します!
仕立て屋の一座はその前に、京都、横浜を巡ります。お近くの方は是非ご体験ください。

***



cinema dub monks × suzuki takayuki × watanabe takashi による音と布と光のサーカス。2013年の3月、青山CAYで始まった音楽グループ『cinema dub monks』とファッションデザイナー『suzuki takayuki』によるサーカスのような不思議な舞台公演。いくつかの公演を経て、気鋭の照明作家『渡辺敬之』が加わり、一つのグループとして活動を始めました。名前は「circo de sastre(シルコ・デ・サストレ)=スペイン語で"仕立て屋のサーカス”」

物語音楽家と、裁縫師と、照明作家による即興舞台。より生々しく、深く、濃密な瞬間を作り出す。音楽なのか、演劇なのか、ダンスなのか、サーカスなのか、何かわからないが、音と布と光の中に物語がある。

今回はTPAMショーケース参加作品として、これまで公演してきた“シャビの恋”に加えて、新作“旅立ちのラウル”を上演致します。ご期待ください。

2015/01/09

1月9日の入荷



『食いしん坊の民族学』/ 石毛直道
『食事の文化 世界の民族』/ 朝日新聞社
『食の社会学』 / 加藤秀俊
『ゆきゆきて神軍 製作ノート+採録シナリオ』 / 原一男・疾走プロダクション
『私の昭和史』 / 中村稔
『昭和詩集(二)』
『近代の文学と文学者』 / 中村光夫
『大切にしたいものは何?』 / 鶴見俊輔
『カラー京の道』 /  植条則夫・勝井規和
『松尾潔のメロウな日々』 / 松尾潔
『20世紀号ただいま出発』 / 久保田二郎
『太陽 特集・安藤忠夫の発想力』2000.2
『ころも ヨーガン・レールの布』 / 高木由利子

2015/01/07

メガネロック! -セルロイドメガネの展示販売フェア-


セルロイド独特な艶としなやかなかけ心地。
改めてメガネってイイネ!と思わせてくれる。
人生をほんの少しクスッと楽しくさせてくれるメガネかも・・・
(MEGANEROCK/雨田大輔)

実際に手にとってかけてみたら雨田さんの言う“楽しいメガネ”ってこういうことか、と感じられるはず!
目のいい人も、そうでない人も!
(PEOPLE BOOKSTORE/中村)

好評だった前田ビバリーさんとの企画に続いて、スタッフ中村によるメガネフェアを開催します。
これまでまったく眼鏡に縁のなかったボクですが、今回は楽しんでみようと思います。

***

「MEGANEROCK!セルロイドメガネの展示販売フェア」 1/10-25
動物をモチーフにデザインされた4つの形×3つの色のメガネはセルロイド製。
福井県鯖江市で「MEGANEROCK」を立ち上げた雨田大輔さんがハンドメイドで作っているもの。
独特のツヤと透明感、おおらかな形と丁寧な仕上げ。PEOPLE新年最初の企画、愉快で美しいメガネをお楽しみください!

※写真のメガネは上から「CAMEL(ラクダ)」「BLOW FISH(フグ)」「PANDA(パンダ)」「KOALA(コアラ)」。

2015/01/06

島津田四郎さん




今週末の日曜日、Kitchen Soyaに島津田四郎さんが来るそうです。
この「うどん つるつる」の歌がボクは好きです。うたってくれたら嬉しいなあ。とにかく楽しみ。
開場は18時、開演は18時半とのこと。予約をすれば1ドリンクがついて2000円で入場できますよ。

2015/01/05

2015年の初入荷




2015年の初入荷。
PEOPLE BOOKSTOREは明日6日から通常営業です(15:00-22:00)。
本年もどうぞよろしくお願い致します。初っ端からメガネロックでぶっ飛ばしますよ。

2015/01/04

Today's YouTube #119



Whoa, Fuji-san
Whoa, mountain of our eyes, what do you see?
The girl with the omen dice, shaking the tree
Shaking the omen tree


@imissstandup