2016/09/03

PEOPLE'S "AUTUMN" PARK! -今週末開催!-


" THEY COME BACK! "

「彼らがまたやってくる!

会場:
OctBASS&DISCOS
茨城県つくば市天久保1-5-4くいだおれ2号館1F

LIVE:
OctBaSS DJs:
サモハンキンポー(思い出野郎Aチーム)
高橋一(思い出野郎Aチーム)
カトウシンペイ(バクシーシ屋(仮))
nang-chang
iz104iijima 

DISCOS DJs:
小川湧司
DJ 伊勢丹(ex.Long Island
大宮麻比古 (ex.gustave coquiot
山田(2山田3太郎
firewaltz
dj changpong 

SHOP:
バクシーシ屋(仮)
めしと惣菜 なかむら
にゃぐにゃぐ食堂
飯島商店 and more!?

日時:
9月3日 (土曜)
22時開場/開演 

料金:
2500円 (1drink込み)

企画:
PEOPLE BOOKSTORE

協力:
OctBaSS&DISCOS

***


秋のピープルズ・パーク。テーマは“大運動会”です。今時分の運動会は暑くなる前の春やなんかに開催されるそうですが、ボクらの、いやボクの子どもの頃は夏休みが終わってすぐ、残暑まっただ中の9月初旬に開催されると決まっていました。これだけ日本の気候が変わっているので、開催時期の変更も仕方ありませんがやっぱり運動会は秋の季語! あなたの参加種目は組み体操かマスゲーム、はたまた応援合戦か! 毎度ピープルズ・パークはクラブ・イベントというより居酒屋での集いのような雰囲気にしたいと思っていますので、みなさんどうぞお気軽に! カモン・ジョイナス! エンジョイ・ビアー&ウンドウカイ!(PEOPLE BOOKSTORE 店主)

めしと惣菜 なかむら


-『めしと惣菜 なかむら』とは?

PEOPLEスタッフ中村こと、僕“チャンポン”が夜の盛り場に一花添えるべく始めた移動型大衆めし屋です。
ナイスな場所にはグッドな酒がつきもの、そしてグッドな酒にはうまい飯がつきもの。今までにたくさん出会った良い店や美味しい食べ物。
そこで体験したようなグッドバイブスを感じるご飯を、僕らしい日本的な「めしと惣菜」として提供できたらと思っております。

-今回のメニューはなんでしょう?

ズバリ「カレー」と「ポテトサラダ」の予定です。
“日本的”とか言いながらカレーにポテサラかよ!って感じですが、僕にとってはどちらも大好きな酒の肴。
つくばらしい材料を使ったり、今回の出演者に少し絡めたり、、、しようと思ってます!
あと、もしかしたら朝方うどんを出すかもしれません!

-最後にひとことお願いします!

夏の終わりに、秋の始まりに、ガツンと食べて飲んで踊りましょう。
『めしと惣菜 なかむら』ステッカーも準備中!お楽しみに!

2016/08/29

『アルテリ』二号


“天災は、ない方がいいに決まっている。とはいえ、世界のほんのかけらでしかない私たちは、それに抗うことは出来ない。しかし、出来事を乗り越えた後には、何かしらの恩恵があるように思う。”
-『アルテリ』二号 編集後記より

熊本発の文芸誌『アルテリ』二号が届きました。
熊本地震が起こる前に企画され、執筆依頼もしていたとのことですが、どの書き手もあの出来事をどこかで意識し筆をとったのでしょう。地震そのものを描かなくとも、人の生き死にをテーマにした文章がおおく綴られています。そして、そのどれもが潔く凛としています。語彙が貧困なボクには「美しい」としか言えない、平松洋子さんの“黒曜石”。新井敏記さんが故・星野道夫を語った“旅をするいくつもの理由”には胸を打たれ、心を揺さぶられました。小野由紀子さんの“ひとりということ 江上茂雄さんに”も素晴らしかった! それ以外も唸らされるものばかりなので、是非手にとってみてほしいです。

文学は、屈しない。ジタバタする。カッコ良い標語だなと思います。
自分の店に足りていないのは、文学なのだと自覚したばかりの身としては、この『アルテリ』が大変に心強い存在です。販売価格は1080円(税込)。

***

『アルテリ』二号・執筆陣

石牟礼道子
渡辺京二
伊藤比呂美
平松洋子
新井敏記
高山文彦
吉本由美
坂口恭平
坂村岳志
小野由紀子
浪床敬子
田尻久子


2016/08/27

Today's YouTube #182



“「いいか、物書きになるつもりなら、人生を愛さなくちゃだめだ。人生を愛するにはシェイクスピア・アンド・カンパニーにまさる場所はない」作家は僕に向かって言った。「ほとんどだれにでも会えるし、本は読めるし、美人だって見られる。こういう場所を大切にしろよ。世界にもたくさんはないからな」”
-ジェレミー・マーサー(『シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々』より / 市川恵里・訳)

2016/08/26

Today's YouTube #181



“人はみんな自分の人生をふるいにかけて、愛情と優しさを注ぐ先を定める。そしてそれは美しい、素敵なことなのだ。でも独りだろうと二人だろうと、わたしたちが残酷なまでに多種多様な、回りつづける万華鏡に嵌めこまれたピースであることに変わりはなく、それは最後の最後の瞬間までずっと続いていく。きっとわたしは一時間のうちに何度でもそのことを忘れ、思い出し、また忘れ、また思い出すのだろう。”
-ミランダ・ジュライ(『あなたを選んでくれるもの』より 岸本佐知子・訳)

2016/08/25

senri recordsの音源



大阪を拠点にカセットテープを中心にリリースする「senri records」の音源が届きました。
上の写真は3作品ともカセットテープ、下に写った『Broken Woods&Some Prayes』のみがCDです。どれもに共通するのはアコースティックということ。シンプルな弾き語りや、ジョン・フェイヒィよろしくのギター独奏、トランペットの即興演奏などが収録されています。どの音源にも固有の響きがあり、それぞれの力強さもある。それだけで、このレーベルにはぶれない意思があるのだな、とボクは好感を持ちました。

販売価格はカセットテープがそれぞれ1000円(税込)、CDが1500円(税込)です。テープにはダウンロード・コードが付きます。

***





Senri Record is Japanes label in Oosaka.
The theme of this label "is acoustic" and "privacy", and, "primitiveness".


AZUMI & YAKU/Poor Boy Long Way From Home
AZUMI/Inst.13
Traditional Speech/Exercise of Group
Yousei Suzuki/Broken Woods & Some Prayers

http://senrirecords.zatunen.com/

2016/08/24

『微花』2./夏


身の丈の植物図鑑『微花』最新号、2巡目の夏号が入荷しました。
表紙をひらいて現れる扉ページを見て、「おお。雑誌のようだ」と感じましたが、文字数は前号よりぐっと絞った印象で「原点回帰かな」と揺れるばかりのボク自身の印象は置いておいて。読み物としての強度が増した前号から、ふたたび図鑑としての表現を見直したような今号どちらにも、彼ら特有の清々しさがあります。どちらの号も在庫していますので是非読み比べてみてほしいです。

販売価格は756円(税込)。『微花』はこの号をもって無期限の休刊とのこと。

***

図鑑です。名ざせない植物、との距りの。季刊誌です。その名を知るまでのひとときの季節の。目ざましいものではなくてかすかなものを、他をしのぐものではなくて他がこぼすものを、あらしめるもの、またあらしめようと目ざすこころみです。


1. 西洋金糸梅
2. 大輪金糸梅
3. 擬宝珠
4. 合歓木
5. 鬼百合



6. ドクダミ
7. 玉羊歯

木槿

8. 洋種山牛蒡
9. 島十練子
10. 柊南天
11. 三葉大反魂草
12.百日紅
13.小待宵草
14.立葵
15姫女苑

植物研究家、塩津丈洋氏によるコラム「榎」を掲載。
http://kasuka.base.ec/items/4012075