2018/01/21

ここ最近の入荷から、数冊。





“小林秀雄は、実は、常に一つのことしか語りません。逆に言えば、その一つのことを執拗に、最晩年の大著『本居宣長』に至るまで、繰り返し語り続けて行きます。つまり、賢しらを捨てて、物それ自身を見よ、事それ自身に出会え、言葉それ自身を識れ、そしてそれを体感しろということです。”
-坪内祐三(“小林秀雄”/『考える人』より)

年明けから、本をたくさん買い取ってます!
当たり前ですが、この世は知らない本ばかり。良い勉強をさせてもらっているなあと査定をしながら実感します。面構えよく、雰囲気のある本が増えていますので是非店頭で手にとってほしいです。写真をのせたもの以外にも、シブい面々が揃っていますよ。

※※※あなたの本、買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。
ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。
お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2018/01/19

『御所東考現学』


御所東を歩き、観察したスケッチ集『御所東考現学』が入荷しました。
絵筆をとったのはイラストレーター・得地直美。ガイド、編集を担当した京都の書店〈誠光社〉からの刊行です。本文によれば「京都御所の東側から鴨川あたりまで」という御所東エリアの店、家、川などのスケッチと短いコラムで構成された、新鮮な発見にみちた路上観察報告記。巻末の梅林秀行氏へのインタビューが絶妙な味付けになっています。

販売価格は1080円(税込)。小さいですが、読みがいのある一冊です。

2018/01/18

高橋香緒理 個展「TRAVEL」


今日から、来週の金曜日まで。原宿の〈CAFE SEE MORE GLASS〉ではじまります。
絵本作家・高橋香緒理さんの個展「TRAVEL」のご案内を頂きました。明日はワークショップもあるそうです。最終日26日は20時までの営業とのこと。より詳しい情報は以下、ご確認ください。

あわせて不定期発行のちいさなお話の本、『みちくさ』も預かりました。

***
----------------------------------------------------------------------------
高橋香緒理 個展 kaori takahashi solo exhibition
『 TRAVEL 』
 2018.1.18 thu. - 1.26 fri.
 12:00-18:00 ★夜営業あり、土曜定休
 Cafe SEE MORE GLASS 
 東京都渋谷区神宮前6-27-8京セラ原宿ビルB1F
 Kyosera Harajuku Bldg. B1F, Jingumae 6-27-8, Shibuya, Tokyo,  JAPAN
----------------------------------------------------------------------------

小さな絵本づくりワークショップ「雨が、」
 1/19 金 19:00-20:00くらい
 一枚の紙と短いテキストのアレンジで、ちいさな絵本をつくります。
 ※昨年12月に蔦屋書店さんで行ったものと同じ内容です。
 ◎定員8名
 ◎料金1,000yen+1drink
 ◎予約方法
  名前、人数、連絡先を明記のうえ、itogch(@)gmail.comまでメールにてご連絡ください。
----------------------------------------------------------------------------
1/19 金 夜営業19:00まで
1/20 土 定休日
1/26 金 夜営業20:00まで
-- closed day --
1/20(Sat)
-- special extended open day --
1/19(Fri) until 19:00
1/26(Fri) until 20:00
在廊予定日 1/18、20、21、25、26
----------------------------------------------------------------------------

2018/01/17

『北風(ニシブチ)』


“永良部島には「北風が吹く日には三線が良く鳴る」という言い伝えがあるのですが、家に集まってみなで歌っていたある夜、「お、北風が吹いてきたぞ」と誰かが言ったかと思うと、本当に三線の響きが変わり、とんでもない名演が生まれたのを持田さんは目の当たりにした。”

円盤/リクロ舎の新作『北風(ニシブチ)』が届きました。
沖永良部島で歌われる島唄を家庭用ポータブル・レコーダーで録音した、生命力がつまった実況盤(録音は90年代後半とのこと)。この手の音源にありがちな、浮世離れした楽園感とはほど遠い生きた島唄。暮らしのそばにあったであろう唄の記憶。この音源とは、きっとながくふとく付き合えます。

販売価格は2160円(税込)。現地におもむき録音をした、持田明美さんのライナーノーツ「唄の力」も素晴らしいです。

2018/01/16

営業再開!


“テホンをもたないこと。テホンにならないこと。セツメイしないこと。ゼツボーしないこと。ガキであること。セコクないこと。ヤバンであること。センサイすぎぬこと。タイヨーをすうはいすること。ゲイジュツとジンセイをこんどうしないこと。ブンセキしないこと。ラシクないこと。クラクならないこと。ブンカテキでないこと。ブンガクテキでないこと。シュミをもたぬこと。ゾクブツであること。ゾクブツであることをおそれないこと。モラルにとらわれないこと。ジッとしていないこと。カラッとしていること。ハマキをすうこと。スペインうまれのこと。ピカソであること。”
-「ピカソになるための100の条件。」/佐伯誠 (『PAPAS』vol.22より一部抜粋)

今日から営業再開! 今週は15時から20時までの短縮営業です(21日日曜日は通常営業)。
出張中にも写真の『A LIFE OF PICCASO』をはじめ、見所読みどころの多い書籍が多数入荷しました。音源ではリクロ舎の新作『北風(ニシブチ)』や、中古盤にも良作が届いております。お時間がありましたら、是非お運びください。