2018/05/19

『夜の木』(7刷)



版を重ねて、7刷目。インド発の絵画集『夜の木』が届きました。
表紙画に選ばれたのはバーイーによる「飲みすぎにご用心」。描かれている動物の表情ゆえか、過去のどれよりもユーモラスな雰囲気をまとっているような気がします。ビニールの封を解けば、あふれ出すインクの香り。他のどれにも似ていない、黒。夜の表情。しずかに味わってほしい一冊です。

販売価格は3456円(税込)。封入の「夜の木通信」も6号目。年に一度、コツコツ発行されてます。

***

『夜の木』
シャーム/バーイー/ウルヴェーティ 青木恵都   
定価:3456円(税込)

2008のボローニャ・ブックファアで絶賛され、ラガッツィ賞(ニューホライズン部門)に輝いたインドの絵本The Night Life of Treesの日本語版が2012年7月についに出版されました。
発売するやいなや、たちまち品切れとなってしまい、ご迷惑をおかけしましたが、2013年3月に第2刷が出来上がってきました。

世界中で注目されたこの絵本は、中央インド出身のゴンド民族の最高のアーティスト、シャーム、バーイー、ウルヴェーティの3人によって描かれた木をめぐる神話的な世界です。
 
夜になるとその本性を現すという聖なる木。人々から畏れられ、また崇められている木。神が住むと言われる木。そのような木々が、ページを繰るたびに目を見張る美しさで次々と姿を現します。プリミティブでありながら洗練され、繊細でしかも力強く美しい世界です。

全てがハンドメイドという画期的な絵本。手漉き紙に、シルクスクリーンで一枚ずつ刷られ、製本は手製本。インドのチェンナイ郊外の工房で、一冊ずつ丁寧に仕上げられました、まさに工芸品とも言うべき絵本(シリアル・ナンバー入り)。ずっと手元においていつまでも眺めていたい一冊です。
http://www.tamura-do.com/

2018/05/18

『酒の穴』


酒の穴とは、日常的な生活の中にぽっかりと現れる「今ここで乾杯できたらどんなに幸せだろう」と思うような場のことで、それは必ずしも居酒屋やレストランでなくてもいい。むしろなんでもない空き地とか、川沿いの原っぱとか、公園の売店だとか、そういったところに極上の酒の場があるのではないかと思う。そしてそれを探求するユニットが「酒の穴」なのである。

スズキナオ×パリッコ『酒の穴』が届きました。
お二人の酒飲みユニットである「酒の穴」。どうすれば町で楽しく、美味しく酒を飲めるかを開拓し、脱線をつづけながら「酔っぱらいのストリートワイズ」を語り合う対話集。「ミニジョッキってなんなんすか? この世からなくなってもいいもののひとつなんじゃないかな」なんて言葉がそこら中にころがる愉快な本です。

販売価格は1296円(税込)。酒の場にも連れていきやすい文庫サイズ、嬉しいですね。

2018/05/17

『酒場っ子』


安い! 嬉しい! 楽しい! 大好き!
雑誌、WEBのお酒、酒場についての文章ではもはや欠かすことのできない、今、最も信頼のおける書き手である酒場ライター・パリッコが、これまでの酒場歩きの総決算となるエッセイ集をついに刊行!
右肩下がり時代のまったく新しいリアルな飲み歩き。

STAND! BOOKSの最新刊、パリッコ『酒場っ子』が届きました。サイン入り。
この数日、届くのを心待ちにしていた一冊。当店でもコツコツと集め続けている酒場本の新刊で、書き手は若手飲酒シーンの旗手! パリッコ氏だというのだから、多くを語る必要はないでしょう。ご覧の通り、ビニールカバー仕様ってのもたまらない。酒好き、本好きのツボを分かっておられる見事な造本。この本はきっと、たくさんの人に愛される。

販売価格は1620円(税込)。特典冊子「飲んで、恋して、オシャレして!」も付いてます。

2018/05/16

ここ最近の入荷から、3冊。




※※※あなたの本、買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。
ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2018/05/15

花に嵐vol.8“松崎ナオ Live”


【花に嵐vol.8“松崎ナオ Live”】
日時 5月27日(日) 17時開場 18時開演 
料金 前売¥3,000 当日¥3,500

お問合&ご予約はE-mailのみで
件名を「松崎ナオライブ」として
info@tsukuba-hana.netまでお申し込みください。
1.お名前
2.ご人数
3.お電話番号


http://hana-tsukuba.jugem.jp/?eid=370